銀行でお金を借りるのは簡単?

銀行でお金を借りたいと思うけれど、審査に時間がかかって、なかなか希望の日までに融資を受けられないのではないか?という心配を持っている人は少なくないかもしれないですね。 なぜ、このようなイメージを持っている人が多いのか?それは、やはり主力金融商品である住宅ローンのイメージが強いのかもしれないですね。 住宅ローンは、かなりまとまった金額での融資になるため、必要な書類審査に時間がかかったり、担保の保険に入ったりと、時間だけでなく労力がかかるという手続きでもあります。 それを経験している人も、していない人も、住宅ローンが大変ということはよく知っていて、銀行でお金を借りたいけれど、やはり難しいんでしょ?というイメージになってしまうんでしょう。 とはいえ、銀行でも、もっとお手軽なサービスがあるということをご存知でしたでしょうか?それは、キャッシングというサービスなのです。 消費者金融だけでキャッシングを受けられるというイメージの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはないのです。 そして、審査についても、消費者金融と比べて何か用件が厳しいということはなく、ほとんど同じだと思っていただいて大丈夫なんですよ。 申し込み、審査、実際の融資までたった1日という対応もしてくれるんです。 ホームページからも、電話でも、そしてスマートフォンでも申し込めるという充実したサービスも魅力的ですね。 ぜひ、あなたも利用してみてくださいね。

〜金融備忘録〜

平成20年9月15日に、アメリカの大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したというニュースに世界が驚いた。この破綻が世界的な金融危機の原因になったので「リーマン・ショック」と呼ばれることになったのが理由。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、国債など公社債や短期金融資産で主に運用される投資信託のことを言います。気が付きにくいが取得ののち30日未満で解約した場合・・・これは手数料にペナルティが上乗せされるというものである。
大部分のすでに上場済みの企業ならば、企業活動を行うためのものとして、株式に加えて社債も発行する企業がほとんど。株式と社債の最大の違いとは、返済しなければならない義務があるかどうかです。
設立40周年を超えた認可法人預金保険機構が保険金として支払う補償の最高額は"預金者1人当たり1000万円以内"です。この機構は日本政府と日銀ほぼ同じくらいの割合でほぼ同程度の割合です。
外貨商品。外貨両替というのは例えば海外旅行にいくときまたは外貨が手元に必要な人が活用する商品。しかし円に対して不安を感じているためか、現金で外貨を保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。